• TOP
  • Bukotsu+のアイアン家具

アイアン家具
Bukotsu+のアイアン家具

「Bukotsu+(ブコツプラス)」は、福岡県筑紫野市でオーダーメイドの家具・インテリア製作を手がけているブランドです。アイアンフレームに無垢材などさまざまな木材を使った無骨で味わいのある家具・インテリアの製作を得意としており、オーダーメイドあるいはセミオーダーでお作りしています。多くの方に私たちのオーダーメイド家具のよさに触れていただきたいという思いから、比較的安価で製品を提供していますので、オリジナル家具やDIY風の家具にご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

アイアン家具とは

アイアン家具の特徴

アイアン家具とは、ヨーロッパで発展した鉄などの鋼素材を加工・溶接して作られた家具です。ロートアイアン家具とも呼ばれ、アイアンは「鉄」、ロートは「鍛えた、細工した」という意味があります。鉄やアルミ、ステンレスなどの鋼素材を加熱し、曲げ、捻り、伸ばすといった加工をし、各パーツを溶接・研磨して完成です。アイアン家具の多くはすべて手作業で製作されており、Bukotsu+の商品もすべて職人の手仕事で作っています。

デザインの魅力

アイアン家具は加工の仕方による、自由度の高いデザイン性が魅力です。ツヤを出して品よく仕上げることもできますし、黒皮鉄のままの風合いを活かして重厚感を持たせることもできます。あえてサビ加工をしてビンテージ感を演出することも可能です。

また、鋼素材はよく見ると本来のスレ傷や溶接跡などがあり、素材一つひとつに独特の質感があります。年月とともにその質感は変化していくので、その時々の独特な風合いを楽しむことができるのも、アイアン家具の魅力と言えるでしょう。

耐久性の魅力

アイアン家具は頑丈で耐久性が高いのも魅力です。組立式の家具とは違い、製作製時に溶接して頑丈に組み上げていますので、壊れにくく長期にわたって使用が可能です。

オーダーメイド家具の種類

オーダーメイドのアイアン家具には、アイアンフレームのみで構成された家具や、アイアンフレームと古材、無垢材など別素材を組み合わせた家具など、さまざまな種類があります。

テーブル

アイアンフレームに古材、無垢材などを組み合わせたテーブルです。お好みのデザイン、サイズで製作することができ、鋼素材、木材いずれも多彩な種類から選ぶことができます。椅子とセットでダイニングテーブルや勉強机、化粧台などを作ることも可能です。

椅子

テーブル同様、お好みのデザイン、サイズで製作することができ、鋼素材、木材いずれも多彩な種類から選ぶことができます。お部屋の壁紙やインテリアの雰囲気に合わせて、つや出し、つや消し、ビンテージ加工などを施すことも可能です。椅子として使わずにサイドテーブルやシェルフとして使うのもおすすめです。

アイアンフレームのみで構成された棚と、アイアンフレームと古材、無垢材を組み合わせた棚があります。お好みのデザイン、サイズで製作することができ、住まいの間取りにぴったり収まる、造り付け家具を作ることも可能です。

キューブ・シェルフ

そのままオブジェとして置いておくこともできますし、フレームに木材をはめ込んで、シェルフとして使うこともできます。アイアンフレームを組み合わせていくことで、世界に一つのオリジナルシェルフが完成します。

木材について

Bukotsu+が取り扱う木それぞれの特徴(メリットとデメリット) 種類は商品一覧からご覧下さい。

無垢材(純粋無垢材)

無垢材とは丸太から切り出した素材そのままの木材です。
合板や集成材とは異なる木材です。

「メリット」

・天然素材で綺麗な木目が楽しめ、落ち着いた印象がみられる。
・自然素材ですので調湿効果があり、経年変化により使っていくうちに独特の風合いが出てくる。
・重厚感があり頑丈である。

「デメリット」

・高価であり、重たい。
・木が呼吸をするためヒビや反りが発生する事がある。
・無垢材は一度反りが出ると修正が厳しく、見極めが難しい事。

無垢突板

無垢突板(以下、突板。)とは、無垢材を薄くスライスし合板などに貼り付けて圧着したものです。
芯部分は合板などの素材ですが、表面(切断部以外)は無垢材という事です。
薄突き、厚突きなどがあり、かなり昔から使用されている木材の一つです。

「メリット」

・表面は無垢材のような風合いが感じられる。
・丈夫でヒビや反りが出にくい。
・純粋の無垢材に比べ低価格なので実用性に適した木材である。
・積層部分がかっこいい。(個人差があります。)

「デメリット」

・削り過ぎると下地の合板が見えてくる。
・芯部が合板である事から切断した面は合板が見える。
(樹種によっては合板の積層面がしっくりくる物もあります。TOP写真のゼブラなど。)
・ごくまれに切断面にピンホールのような穴が見られる。
・積層合板の際は重たく、熱や水(湿気)に弱い。

集成材

集成材とは、小さな板材などを接着剤を用いて再構成されたものです。
住宅の構造材やバーカウンター、テーブルの天板などにも使用されており、よくホームセンターなどで見受けられ、簡単にDIYが楽しめる木材の一つです。

「メリット」

・加工がしやすく低価格である。
・よく乾燥されているため割れや反りが無垢材に比べ出にくい。
・品質が安定している。

「デメリット」

・無垢材のような風合いを楽しむには不向きである。

SPF 材

SPF 材とは、カナダ産針葉樹のえぞ松、松、もみの3種類が混在した木材です。
住宅のツーバイフォー工法やウッドデッキなどで多く使用されています。

「メリット」

・加工がしやすく低価格である。
・入手が容易であるためDIY向きである。

「デメリット」

・節が多くて割れやすい、反りや松ヤニがでる事がある。
(Bukotsu+では出来るだけ松ヤニが出ない物を厳選し提供。また、節もデザインの一つと考えています。)
・耐水性に難がある。

以上の事から木材にはそれぞれメリットとデメリットがあり、どの種類が優れているというのは一概には言えません。
高価な木材なんだから絶対に合うと言った事ではなく好みやスタイル、また景観などそれぞれを考慮し、お客様ご自身がお選びになった物が、その空間に一つのデザイン性を生むのではないでしょうか。
選ぶ事、考える事はとても楽しい事とBukotsu+は考えますので、お好みの木材をお選び下さい。

基本事項

Iron 製品について

・Bukotsu+では全ての工程をハンドメイドで成型しておりますので、表記しております寸法やオーダー戴いたサイズと若干の誤差が生じる場合がございます。
(修正を行い出荷しています。ご使用には問題ございませんのでご安心ください。)
・鉄製品は製作過程で熱を加えますので多少の歪みがでる事があります。
・綺麗すぎず、粗すぎずが基本のため素材感をいかして、製作過程での研磨跡・溶接跡をそのまま残した仕様となっています。
・また、下処理(錆止め塗装)を施していますが、素材の特性上、錆が発生する事がございます。

Iron塗装について

・Bukotsu+では無塗装での出荷はいたしません。
・鉄製品の塗装はラッカー系ブラック・クリアー又はWAX仕上げが基本となります。
・薄塗り仕上げですので、素材や研磨跡・成型跡が見える物も御座います。
・基本工程は成型後の油抜き→錆止め→仕上げとなります。素材によっては、この間に中塗りが加わります。
・材質によりダメージ加工や無色クリアー仕上げなども御座います。

ダメージ加工
厚塗りとなります。
基本工程はそのままですが、仕上げのブラック塗装を施す前にホワイト→グレー→ブラックと塗り重ね、乾燥したら削る、擦るなどを行い、わざと傷を付けていきます。削り出た部分からホワイトやグレーが傷と一緒に見える感じです。

無色クリアー
無色クリアーは生地(黒皮)のまま塗装し固めていきますが、研磨跡などは生地が剥がれた状態です。
研磨跡・成型跡を際立たせるためクリアーを使用し、部分的にキラキラとした感じとなります。

・物をぶつけたりした際は、塗装が剥がれる事が御座います。
・また、色むらなどがある場合が御座います。
・写真掲載の色はモニターによる反射など異なる映りの場合がございます。

※材質の特徴・基本事項などをご納得の上、ご購入をお願い致します。

Wood 製品について

・木製品は天然素材や古材を使用していますので、お選びになった樹種(種類)によりひび割れ・曲がりピンホール(穴)・ペンキ付着の跡・傷・節抜け・隙間などがある場合がございます。
・種類によっては湿気など環境の変化により、けば立ちなどを起こす場合もございます。
・天然素材のためピンホールなどがある場合がありますが、不良品では御座いません。
・天然素材のため一つとして同じ色は無いため、写真と同じ色とは限りません。
・樹種に関しましては無垢材を始め突き板・集成材・古材・DIYが楽しめるSPF材からお選び頂けます。
・種類は、商品ごとにご確認ください。
・木材の詳細につきましては、木材についてをご覧ください。

木材塗装について

・木材の塗装は、自然系塗料のオイル塗装仕上げ又はWAX仕上げが基本となります。
・種類によっては、ご使用していくうちに味わい深くなっていいきます。
・塗装工程は成型後の研磨→塗装→研磨→塗装を繰り返し行っています。
・オイル仕上げはコーティング力が乏しく、水・熱といったものに弱いのでご注意ください。
・メンテナンスはお近くのホームセンター等のWAXでも可能です。
(色は木材の色味を損なわないクリアーをお勧めいたします。)
・その他に関しましてのご質問等は、まずはメールにてお問い合わせください。

補足

・商品に関しましては材質の特性上、直射日光が随時あたる場所や、熱、水等により跡が残ったり、
薄くなったり錆が出たりする事が御座いますのでご理解の程お願い致します。

※すべての事項を一つの味とご理解した上でのご購入を、ご検討くださいますようお願い致します。

お問合せ・お見積もりはこちらから

メールフォームはこちらをクリック