製品詳細|オーダーメイドの家具・インテリア製作Bukotsu+

tel:092-403-5988

営業時間 10:00〜16:00
定休日 土・日祝日

メールでのお問合せ

MENU

商品詳細

B+【6181-CWR】 Cantilever wall rack

商品番号

6181-CWR

配送サイズ

大 250㎝

送料はこちら

※北海道・沖縄・離島は除く

セミオーダー

サイズ変更 可

基本カラー
(Iron)
ブラック(つやあり)
ブラック(つやなし)
その他
(Wood)
なし
〈商品の特徴〉

安定を重視したDIY用ウォールラックのフレームです。 背の高い家具は、高く(H)なればそれだけでバランスが悪く不安定となり、壁面だけで支える家具は耐荷重に不安が残ります。 そこで、壁面でがっちり固定し、床で支える設計で製作しています。 店舗ディスプレイとしても最適な商品です。

高さ(H)が1850mmあり、大型ラックとして飾り棚・本棚・DVDラックなど様々な発想で使用できます。 また、6182-WRと組み合わせれば自由なデザインを楽しむ事ができる万能フレーです。

板厚の推奨は、板の種類により異なります。 ホームセンターで比較的入手しやすいSPF材「2×4」の38mm板厚を使用して2脚で800~1200間隔が理想です。 集成材などの15mm・18mmの板厚では、乗せる重量によりますが間隔を狭めて使用するか、補強をいれてご使用ください。
(掲載写真⑦は15mmのOld Ashibaで900ピッチです。)

 

〈注意点〉

間柱(壁の内側にある木材)にしっかり固定しない場合不安定要素のひとつとなります。
棚板のピッチは150mmで板厚により異なります。(例:15mmの木材で間隔は135mmとなります。)

取付を行う時の注意点として、両端に壁がある場所へ取り付ける際にピッチが150mm間隔のため木材が通らない場合があります。 その際は先に全ての板を通して壁に取り付けることになるため、とても取り付けにくくなりますので、十分に気をつけてください。(一度、床などで確認をされる事をおすすめいたします。)

※間仕切り壁でのご使用はできません。

基本事項にも記載しておりますが、所々ラフな仕上げで製作していますので溶接跡や研磨跡をわざと残した仕様となっています。

その他に関する内容は基本事項をご覧ください。

基本事項、厳守事項をご確認の上、ご理解した上でのご購入をお願い致します。